メニュー
≫ English site

イベント情報

【満席となりました】トークセッション「食のうつわ」

国立工芸館
2022年1月16日(日)
13:00〜14:15

伝統×最先端技術を用いて作る器で新たな食体験をプロデュースする柳井友一氏を迎え、食とうつわの可能性について考えます


日 時:令和4年1月16日(日)13:00~14:15(12:30開場)

 

会 場:国立工芸館 多目的室

 

定員等:40名予定(参加無料、要申込)

 

講 師:柳井友一氏 (secca inc.(株式会社 雪花)取締役)

    島根県益田市生まれ。金沢美術工芸大学を卒業後、株式会社JVCケンウッド、

    多治見市陶磁器意匠研究所、金沢卯辰山工芸工房を経て、secca inc.に初期

    メンバーとして参画。デジタル3Dツールとフィジカルな手仕事の融合を軸に

    オリジナルデザインの器で料理人と今までにない食体験をつくったり、

    ARTやデザインオブジェの制作を行う。

  

聞き手:岩井美恵子氏 (国立工芸館 主任研究員)

    成城大学大学院文学研究科美学美術史専攻博士課程前期修了。

    岐阜県現代陶芸美術館学芸員、パナソニック汐留美術館学芸員を

    経て2021年より現職。陶芸を中心とした近現代の工芸を専門とする。

 

お申込み

お申込みは以下のフォームからお願いします。

申し込み終了しました。たくさんのお申込みありがとうございました。