メニュー
≫ English site

お知らせ

兼六園周辺文化の森 2019夏は豪華特別展・企画展が盛りだくさんです!

2019/07/19

兼六園周辺文化の森 

夏の豪華特別展・企画展のご紹介

兼六園周辺文化の森では、今年の夏も、個性豊かで魅力的な豪華特別展・企画展が各施設で開催されます!中でもオススメのものピックアップしてご紹介いたします。こちらで取り上げているもの以外にも、おもしろい展示がたくさん用意されているので、文化の森を散策してみよう

詳細ページ用(企画展).jpg

オススメ1 「ユニマットコレクション フランス近代絵画と珠玉のラリック展」@石川県立美術館

ユニマットコレクションの中から、19世紀から20世紀にかけたフランス美術を中心に約100点をご紹介。伝統に抗い、自然の中に生きる農民たちの姿を描こうとしたミレーやコロー、明るい色彩で光を捉えることに尽力した印象派を代表するルノワールなど、多くの巨匠たちの作品を所蔵するユニマットコレクションを北陸で初めて一挙公開します!知られざる秘蔵コレクションの扉が、この夏、北陸で開かれます。

※ユニマットコレクション・・・様々な事業を展開しているユニマットグループの創業者・高橋洋二氏が収集した西洋美術の一大コレクション

オススメ2 「画業50年"突破"記念 永井GO展」@石川県立歴史博物館

「マジンガーZ」「デビルマン」などの名作で知られる、マンガ界の鬼才・永井豪。デビュー作から最新作まで、貴重な直筆マンガ原稿、カラーイラストなど600点以上をこの夏、石川県立歴史博物館で展示します。永井豪デビューまでの道のりをマンガ化した作品、イラスト作品も新規製作、本展覧会で初公開。永井豪はなんと、石川県輪島市で幼少期を過ごしたという、石川県ゆかりのマンガ家でもあるのです。石川県にお住まいの方も、県外から来られた方も、必見の展覧会です。

オススメ3 「恋するいしかわ -恋の詩歌と物語-」@石川四高記念文化交流館内 石川近代文学館

古代から近現代に至るまで、人を恋う気持ちや恋愛は、多くの文学作品の題材とされてきました。時に華やぎ、時に切なさに苦しむ人の恋する心を、石川ゆかりの文学を通じ味わっていただける企画展です。

オススメ4 「工芸サーカス」@石川県立伝統産業工芸館

大人もこどもも大好きなサーカスをコンセプトに工芸品の新たな楽しみ方を創造する企画展です。展示室はサーカスをテーマに飾り、期間中は30種類の工芸体験を始め、工芸品の展示やクイズなどで、楽しみながら工芸を学ぶことができます。

オススメ5 「能登行脚」@加賀本多博物館

大正から昭和期にかけて活躍した、金沢出身の放浪の詩人・相川俊孝が行く先々の風景を描き残した画帖をご紹介。本展示では描かれた土地の現在の姿と合わせて、自筆の作品をご覧いただけます。